上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ガソリン税の暫定税率が廃止され、岡山県内のGSでもガソリンが安くなった。

ガソリンに限らず、食品でも電化製品でも、
少しでも安い物を買おうとするのは、必然の行動で、
また、それに関わる販売店の競争も当たり前だと思う。

本件で、厳しい状況に置かれる販売店もあると思うが、
それはそれで、仕方がないと思う(冷たい言い方だけど...)。

が、
マスコミも煽り過ぎのような気がする...。

先日、
福田首相は暫定税率の廃止で「年間2兆6000億円の税収不足」となると言っていたが、
その中身をしっかり吟味してほしい。

何も、すべて「ダメ」とは言っていない。「必要な所に必要な分だけ」配分してほしいだけ。
「予算があるから○○を造る」というのではなく、「○○が必要だから予算を取る」ようにしてほしい。
(必要のないハコモノとか年度末の駆け込み工事とか、無駄な事をやめてほしい)

国民もバカではないのだから、無駄なものをすべて省いた上で、
「○○を造るのに△△円の税金が必要となるので、XX円の増税をします」
と、分かるように(納得のできるように)説明してもらえば、それに応じるハズ。

お偉いさんと一部の人間の利得しか考えていない政治はどうにかならないのか?

野党も野党で、
何でも反対するのではなく、きちんと考え方(対案)を示してほしい。

まぁ。
本当に国民のことを考えているのであれば、もっと柔軟に対応できると思うが、
所詮、議員の先生様には関係のない話なんだろうなぁ...。
(ガソリンが何円になろうが、懐は痛まないだろうからね)


2008.04.01 Tue l 雑感 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://okayama2ku.blog115.fc2.com/tb.php/25-1df4a9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。