上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とりあえずホッとした。

これで、4月からはガソリンが安くなるのかな?
ガソリン業界が一致団結して、価格キープなんてことはないか心配(笑)。

でも、
赤字財政の解決には、何にも役に立っていない。
(税収が減る分、赤字が増える)

無駄をカットしても足りないなら、増税も仕方がない。
頼むから、しっかりと議論して、きちんと説明してほしい。
スポンサーサイト
2008.01.31 Thu l 時事(全国) l COM(0) TB(0) l top ▲
なんじゃそりゃ?

暫定税率を維持するための「つなぎ法案」を議員立法で提出するらしい。

衆議院で可決すれば、参議院で否決(60日経過)しても、再び衆議院で可決できる。

そこまでして、維持したいのか?

100歩譲って維持する必要があるのなら、その必要性をしっかり説明してほしい。
2008.01.30 Wed l 時事(全国) l COM(0) TB(0) l top ▲
大阪府知事選挙の投開票が27日に行われ、橋下氏が初当選した。

仮に、投票権があれば、私も橋下氏に1票を投じる。
理由は簡単で「よく知っている」から。

と書くと、タレント候補を贔屓していると思われるかもしれないが、
誰でも良いという訳ではない。

本来なら、マニュフェストや演説を聞いて判断すべきだと思うが、
「選挙期間中の候補者の言うことは信じられない」という思いがあり、
イマイチ、判断材料に乏しい。

今回の府知事選で考えると、全員新人で過去の実績はナシ。

その中で橋下氏は、日ごろからコメンテイターとして、持論を展開。
バラエティー的要素もあり、話半分としても、唯一、わかる存在。

なので、候補者を見た瞬間に、橋下氏に1票入れました(笑)。

タレント・弁護士として成功していて、
「後は放っておいても大丈夫」な状態ながら、
あえて「火中の栗を拾いに行った」その心意気に期待したい。
(収入も減るだろうし、シガラミにとらわれることもなかったろうに・・・。)

しかし、
橋下氏は、誤解を招く発言や生放送での降板など、「やんちゃ」な面もあり心配。

これから、4年間の舵取りをしっかりと見つめて(監視して)、
4年後、再び立候補するのなら、その時にキッチリと判断してほしい。

岡山県もタレント知事になったら、変わるのかなぁ・・・。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ザ・選挙 -選挙情報-
http://www.senkyo.janjan.jp/election/2008/27/00007204.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
橋下知事!0秒当確!圧勝…大阪府知事選 1月28日8時1分配信 スポーツ報知

 任期満了に伴う大阪府知事選は27日投票、即日開票の結果、無所属新人の弁護士でタレント・橋下徹氏(38)が、いずれも無所属新人の弁護士の梅田章二氏(57)=共産推薦=と元大阪大大学院教授・熊谷貞俊氏(63)=民主、社民、国民新推薦=らに83万票以上の大差をつけ、初当選を果たした。投票率は48・95%で過去最低だった前回を8・46ポイント上回った。全国知事会によると戦後30代で知事に初当選するのは、1951年に38歳で佐賀県知事となった故・鍋島直紹(なおつぐ)氏以来4人目。現職では40歳の尾崎正直・高知県知事を抜いて最年少となる。

 「トライ! トライ! トライ!」新しい大阪府知事は満開の笑顔で、支援者とともに歓喜のコールを繰り返した。「府民のみなさんに自分の思いが伝わった。理解してくださったのが勝因だと思います」。午後8時57分、早々と選挙事務所で勝ちどきを上げた橋下氏の手には、尾頭付きのタイ。出馬を後押ししたタレント・やしきたかじんからのお祝いだった。

 「2万%ない」と出馬報道を完全否定した38歳が、880万人府民のトップに選ばれた。出馬経緯に、「核武装」を筆頭にした過去の問題発言、茶髪に色つき眼鏡。参戦表明後も「子どもが笑う」マニフェスト、断言するスタイルは反発を招き、他陣営の攻撃対象にも。「敵を作らないやり方が支持されるなら、僕は敗北する。今のこの状況はそうじゃない」告示前のスポーツ報知のインタビューでの読み通り、逆風は、強烈な追い風にかき消された。

 タレント色、政党色を薄め、知名度抜群の自分を前面に押し出す戦略が奏功した。タレントから転身した東国原宮崎県知事の芸能人を呼ばない選挙戦が参考書。最終日26日だけは、駆けつけた“先輩”と選挙カーの上に立ち、応援を仰いだが、街頭では、のどを痛めながら、ほぼ1人で生の声を届け続けた。

 行く先々でカメラ付き携帯電話が乱立。写真だけ撮って去る人々に不安を見せもしたが「細かい政策を訴えるべき」との自公の要望を拒否し、エピソード満載に自分を売り込んだ。笑い、怒り。ときに絶叫調で、哀願調で。若者にはタメ口、主婦層には子育てや教育を、はたまた土地柄に合わせ、内容や口調までを自在に変化させた。

 満開の笑顔の合間、厳しい府政運営を見据える鋭い視線も見せた。財政再建団体転落寸前のかじ取り役を託された38歳は、「責任の重さを痛感しています。とにかく大阪を変えるため、頑張っていきたいと思います。持ち前のエネルギーと爆発力で必ず大阪を変えます」と力強く決意表明。府政改革について問われると、いっそう表情を引き締め、「かなりハードにやります! やり抜きます!」と言い切った。880万人府民を乗せた任期4年間の航海。その先には、マニフェストに掲げた「大阪を笑顔にする」未来があると信じて、現役最年少知事が突き進む。

橋下知事!0秒当確!圧勝…大阪府知事選(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000096-sph-soci
2008.01.28 Mon l 時事(全国) l COM(0) TB(0) l top ▲
いったい、ナンボ無駄使いすれば気が済むんかいなぁ・・・。

ちょっとは頭を使ってくれ。
2008.01.27 Sun l 時事(全国) l COM(0) TB(0) l top ▲
今国会最大の焦点・暫定税率(ガソリン税)。

「税収不足」を指摘する声もあるが、基本的には撤廃賛成。

しかし、
無駄なことをすべて省いて、必要なところに配分して、
それで足りなければ、増税も仕方がないと思う。

言うのは簡単だが、利害が絡むとややこしくなる。

あと、
これが単なる「選挙対策」でないことを願う。

しかし、
0円か25円か?撤廃か10年か?と極端な話にするのではなく、
1年毎に税率を変動させるなど、もう少し柔軟に対応できんかなぁ・・・。
2008.01.26 Sat l 時事(全国) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。